ホーム 特集

売却の行方  シーガイア 外資へ

(上)突然の発表

2024年5月15日
 コロナ禍を持ちこたえて施設利用者も戻り、13年ぶり黒字化を達成した昨年、「事業再生のフェーズが完了した」と内外にアピールしたフェニックスリゾート。親会社変更により、本県観光をけん引するリゾート施設は再び大きな転換点を迎える。

事業再生めど 決め手 「提案受け議論尽くした」

フェニックスリゾートが運営するシーガイアコンベンションセンター(左)とシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート=宮崎市山崎町


 宮崎市の大型リゾート施設「シーガイア」を運営するフェニックスリゾート(同市)が12年ぶりに米国資本に委ねられるニュースが駆け巡った10日。
 「質問が出ると思うので先にお答えする。売却がなぜこのタイミングか」。親会社・セガサミーホールディングス(HD、東京)の2024年3月期連結決算会見で、里見治紀社長は質疑応答に入る前にそう切り出し「正直、(里見治)会長も私も売りたいとは思っていなかった」と続けた。

×     ×


 (全文は朝刊の定期購読者が無料で会員となれる「デジタル夕刊プレみや」、一部の連載企画は投稿プラットフォーム「note(ノート)」でもお読みいただけます。購読申し込みプレみや会員登録noteの宮日ページからアクセスできます。

売却の行方  シーガイア 外資へ