共同通信PRwire

タイガーニューエナジーのバッテリー交換技術が350万ドルを獲得

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406252665-O2-4KVRf6gR

この資金注入により、バングラデシュのスタートアップはバッテリー交換ステーションの拡大ネットワークを通じて、より多くのドライバーに支援を提供できるようになります。

ダッカ(バングラデシュ)、2024年6月25日 /PRNewswire/ -- バングラデシュの賑やかな街並みで、日々数百万の人々が三輪車に依存している中、バングラデシュのクリーンエネルギースタートアップであるタイガーニューエナジー(Tiger New Energy)、以下「タイガー」)は、その革新的なバッテリー交換技術により、都市型モビリティにおける新たな基準を打ち立てています。ADBベンチャーズ(ADB Ventures)は、同社に対して追加で100万ドルの資金提供を行い、昨年Wavemakerパートナーズ(Wavemaker Partners)が主導した250万ドルのシードラウンドに追加入資しました。この投資により、タイガーのバッテリー交換ネットワークのバングラデシュ全土への展開が加速され、環境に優しいモビリティの推進と大きな社会経済的利益の提供という同社のミッションが前進します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406252665-O1-Fm6JN068

グリーンモビリティと地域コミュニティのエンパワーメントに向けた変革の推進

ハーバードビジネススクールの卒業生であるNicole Mao氏とYiwei Zhu氏は、バングラデシュの都市交通部門が抱える炭素排出とエネルギー効率の低下という喫緊の問題に対処するために、タイガーニューエナジーを設立しました。約400万台の電動三輪車および車両が、全国で毎日1億1,200万人以上を輸送しています。しかし、6~8ヶ月しか持たない低品質の鉛蓄電池の使用が、これらの重要な交通手段の効率性を阻害しています。適切な充電インフラがないことが問題をさらに深刻にしており、火災事故の危険性など、差し迫った安全上の脅威をもたらしています。

革新的な取り組みとして、タイガーは、リキシャドライバーがこれまで4時間かかっていた充電切れのバッテリーを1分以内にフル充電のバッテリーに交換できるステーションのネットワークを導入しました。これにより、停止時間が劇的に短縮され、リキシャドライバーの収入が60%も増加し、バングラデシュの都市交通のバックボーンを強化することが示されています。

革新的技術が経済成長を促進

タイガーの独自技術であるオフラインスワッピングとリバースチャージ機能は、停電時にもサービスの継続性を確保し、同社のインフラは分散型エネルギー貯蔵システム(DESS)としても機能し、電力網の安定性に寄与しています。高度な熱管理技術とデータ駆動の最適化アルゴリズムにより、タイガーのリチウムイオンバッテリーの性能と寿命は従来の代替品をさらに上回ります。

「我々のミッションは明確です。新興市場においてクリーンモビリティをすべての人々に提供することです。」とタイガーニューエナジーの共同創設者兼CEOであるNicole Mao氏は述べています。「この資金提供は、当社の技術とビジネスモデルの正当性を証明するとともに、カーボンフットプリントの削減、持続可能な開発の促進、そして地域コミュニティの生活向上への取り組みを強化します。」

投資と成長

アーリーステージのエンタープライズ、ディープテック、持続可能性のスタートアップに投資する東南アジアの大手VCであるWavemakerパートナーズが資金調達ラウンドをリードし、注目すべきはADBベンチャーズが参加したことです。このラウンドの他の投資家には、500 TukTuks、Orvel Ventures、Humble、Penataran Management、Barna Family Officeの創設者であるBrett Barna氏、非公開のシンガポールのファミリーオフィス、非公開のエンジェル投資家が含まれます。

投資家たちは、Nicole Mao氏とYiwei Zhu氏のような女性起業家が大きな影響を与えているタイガーのソリューションの可能性を認識しています。「タイガーニューエナジーに投資した理由は、Nicole氏とYiwei氏が素晴らしい創業者であり、バングラデシュが十分にサービスが提供されていない急成長市場であるためです。」とWavemakerパートナーズのDoug Parker氏は述べています。「ADBベンチャーズからの投資は、チームの質とその活動が勤勉な市民に与える影響の証です。」

ADBベンチャーズは、持続可能で包括的な成長に戦略的に焦点を当て、タイガーのミッションを支援しました。「タイガーニューエナジーの迅速なバッテリー交換ソリューションは、バングラデシュの電動車両ドライバーの走行距離不安を軽減し、クリーンエネルギーへのアクセスと経済的エンパワーメントの道を開きます。彼らの包括的なビジネスアプローチ、女性のエンパワーメントに対する取り組み、そして気候変動への影響に対する取り組みは、新興アジアにおける変革的なソリューションを通じて気候アクションを促進し、男女平等を推進するという私たちの核心的なミッションと密接に一致しています。」とADBベンチャーズのYichu Zhang氏は述べています。

ネットワークを広げ、女性の力を高める

この投資により、タイガーはバッテリー交換ステーションのネットワークを100ヶ所以上に拡大し、10,000万人以上のリキシャドライバーを支援する計画です。この資金は、優秀な人材の確保、研究開発の促進、新しい地域市場の開拓も支援します。タイガーは、そのミッションをさらに推進するために、主要なEVメーカーやエネルギー供給者との戦略的パートナーシップを積極的に形成しています。

HerDriveの活動を通じた社会的影響 

タイガーの社会的影響に対する取り組みは、現在の労働力の1%未満である女性リキシャドライバーの数を増やすことを目指すHerDriveの活動を通じて示されています。この活動は、女性ドライバーに対してトレーニング、メンタリング、そしてEV所有に関する財政支援を提供し、新たで安定した収入源を開拓するとともに、女性乗客の安全性と快適性を向上させます。HerDriveの活動は、2025年までに1,000人の女性に力を与えることを目標としています。

前進:持続可能な交通ソリューション

タイガーニューエナジーは、革新的な活動を通じて継続的な社会的影響を創出することに尽力し続けています。強固な基盤と投資家やコミュニティからの揺るぎない支援を受けて、タイガーは急速な成長を遂げる準備が整っており、2024年末のシリーズA資金調達ラウンドに向けて積極的に準備を進めています。

タイガーニューエナジーとHerDriveの活動の詳細については、https://tigernewenergy.com/をご覧ください。 

タイガーニューエナジーについて

ダッカに拠点を置くタイガーニューエナジーは、ハーバードMBAの卒業生2人によって設立され、『バッテリー・アズ・ア・サービス』モデルで南アジアのクリーンモビリティを変革しています。同社は、持続可能な交通ソリューションを提供するために、リチウム電池を活用したバッテリー交換ステーションネットワークを設置しています。タイガーニューエナジーは、毎日のサブスクリプションモデルを導入し、地方自治体やコミュニティと協力することで、電気自動車をより手頃で利用しやすいものにし、炭素排出量を大幅に削減して、環境の持続可能性を高めることを目指しています。このサービスにより、利用者は高額な初期費用をかけずにグリーンモビリティを享受でき、各地域に環境に優しい交通ソリューションの普及を促進します。



 

(日本語リリース:クライアント提供)PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406252665-O3-S3SEQHm8

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com