共同通信PRwire

Occlutech取締役会に新メンバーを選任

AsiaNet 89309 (0952)

【シャフハウゼン(スイス)2021年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*最小侵襲性の構造的心疾患用機器の世界的医療機器企業Occlutech Holding AGが新取締役4人の選任を発表

Occlutech Holding AG(「Occlutech」)は3日、Marianne Dicander Alexandersson、Mette-Marie Harild、Helena Levander、Michel Lussierの4氏がOcclutechの取締役に選任されたと発表した。Marianne Dicander Alexandersson氏は2021年6月18日の年次株主総会でOcclutechの取締役会会長に任命される。

OcclutechのSabine Bois最高経営責任者(CEO)は「Marianne(Dicander Alexandersson氏)、Mette-Marie(Harild氏)、Helena(Levander氏)、Michel(Lussier氏)をOcclutech取締役会に迎えて喜ばしい。彼らの共通の経営と業界経験は世界的な一流製品開発を推進し、収益を拡大し、さらに地理的進出を広げる素晴らしい進路を続けるOcclutechにとって最高の価値となる」と語った。

Tor Peters、Urs Christen両氏は取締役に再任された。

▽会長になるMarianne Dicander Alexandersson取締役
Marianne Dicander Alexandersson氏はスウェーデン国籍で、取締役の専門家。彼女は現在、Saminvest ABとSahlgrenska Science Park ABの会長で、Linc ABとPromore Pharma ABの取締役である。TLV(歯科医薬品給付庁)諮問委員会委員でもある。

▽Mette-Marie Harild取締役
Mette-Marie Harild氏はデンマーク国籍で、製薬・医療業界で30年以上働いてきた医療機器産業の古参である。かつてRhone Poulencとヤンセンファーマで販売・マーケティングのポストにあり、Medtronic A/S(メドトロニック)で13年間、さまざまな地域担当の副社長を務めたこともある。

▽Helena Levander取締役
Helena Levander氏はスウェーデン国籍。スウェーデンとノルウェーで銀行・金融分野のほか、企業統治や他の取締役業務で20年の経験がある取締役の専門家である。現在、Stendorren Fastigheter、Rejlers、Concordia Maritime、Lannebo Fonder、Factoringgruppenの取締役。

▽Michel Lussier取締役
Michel Lussier氏はカナダ国籍で、経験豊富な医療技術・細胞療法の連続起業家。Celyad Oncology SA、iSTAR Medical SA、Gabi Smartcare SAの会長で、Medtronic Inc(メドトロニック)で15年間、Volcano Corpで10年間、グループ社長を務めたこともある。

▽Occlutechについて
Occlutechは最小侵襲性の構造的心疾患用機器の一流事業者である。Occlutechは患者の治療を向上させるため構造的心疾患・心房中隔シャント製品を開発、製造、商品化する。広範な実証済みのポートフォリオをもち、12万7000の製品を販売、先天性欠損、脳卒中予防、心不全に対処している。直接販売組織や販売提携者の国際的ネットワークを通じて80カ国超の病院や診療所に構造心疾患・心房中隔シャント製品を販売している。ドイツのイエナとトルコのイスタンブールに製造・研究開発(R&D)施設を保有、スウェーデンのヘルシングボリに世界的供給・顧客支援ハブがある。

▽問い合わせ先
Sabine Bois
CEO Occlutech Group
+49 160 90792130
sabine.bois@occlutech.com

ソース:Occlutech Holding AG