ホーム 九州・宮崎プレスリリース

九州・宮崎プレスリリース

【有明高専】シティアスコムとネーミングライツに関する契約を締結

独立行政法人国立高等専門学校機構

テープカットの様子

 有明工業高等専門学校(所在地:福岡県大牟田市、校長:八木雅夫、以下「有明高専」)と株式会社シティアスコム(本社:福岡県福岡市早良区百道浜2-2-22、代表取締役社長:藤本宏文)は、有明工業高等専門学校ネーミングライツ事業に関する契約を締結しました。

篠原常務(左)と八木校長(右)、シティアスコム起業家工房のサインの前で

◆ネーミングライツ制度導入からパートナー締結まで
 有明高専は、保有する施設等に愛称を付与することで知名度向上を図り、民間事業者や地域との連携を促進し、地域社会への貢献を実現するため、令和5年12月にネーミングライツ制度を導入しました。
 このたび、総合研究棟1階起業家工房(以下「本施設」)のネーミングライツパートナー募集に株式会社シティアスコムが応募し、審査を経て、パートナーに選定されました。
 令和6年5月30日、パートナー締結を記念し、有明高専の八木校長、株式会社シティアスコムの篠原正浩常務取締役経営管理本部長のほか、関係者の出席のもと、ネーミングライツ施設開設記念式典を挙行しました。
 本施設は、学生が起業マインドと自由な発想力を活かして、集中してものづくりにチャレンジする試作スペースであり、さらに、学生、教職員、起業家、高専OB・OG 等の交流スペースでもあります。2024年6月1日から3年間は、「シティアスコム起業家工房」の愛称で呼ばれることになります。
 なお、ネーミングライツに関する契約の締結は、本校において3例目となります。

篠原常務(左)と八木校長(右)


左から宇佐美所長、後藤部長、篠原常務、八木校長、榎本副校長、石川教授

◆ネーミングライツパートナー及び広告パートナーの募集について
 有明高専は、「有明工業高等専門学校ネーミングライツ事業及び広告事業取扱規程」(令和5年12月14日制定)に基づき、事業者に命名権等を付与し、得られる対価は、有明高専の運営費や設備投資等に活用し、財政基盤の維持向上を図ります。
 ネーミングライツパートナー及び広告パートナーの募集は、「一般提案型」、「企画提案型」、「広告提案型」の3種類です。「一般提案型」と「企画提案型」は、愛称の設定とサインの設置は共通していますが、それぞれに対象施設やサインの設置規模が異なります。「広告提案型」は、広告の設置のみで愛称の設定はありませんが、希望する場所(原則として共有場所に限る)に広告が設置できます。
 現在、有明高専では、保有施設への愛称等の付与及び広告設置希望の事業者を随時募集しています。
 詳しくは、以下のホームページを参照願います。
 https://www.ariake-nct.ac.jp/naming-rights

◆有明工業高等専門学校について
 有明工業高等専門学校は、昭和38年に創立された福岡県大牟田市にある国立の高等教育機関です。平成28年に機械工学、電気工学、電子情報工学、物質工学、建築学の5学科を創造工学科の1学科に再編しました。本学科は環境・エネルギー工学系(エネルギー、応用化学、環境生命の各コース)と人間・福祉工学系(メカニクス、情報システム、建築の各コース)の2系6コースで構成され、2年生後期から、各コースに分かれます。創造工学科の入学定員は200名で、学生総定員は1,000名です。これまでの卒業生は9,091名にのぼり、各分野において広く社会の期待に応えて活躍しています。

校舎外観

【学校概要】
学校名:独立行政法人国立高等専門学校機構 有明工業高等専門学校
所在地:福岡県大牟田市東萩尾町150
校長:八木 雅夫
設立:1963年4月
URL:https://www.ariake-nct.ac.jp/
事業内容:高等専門学校・高等教育機関
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

「九州・宮崎プレスリリース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。
掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。

製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。