ホーム 九州・宮崎プレスリリース

九州・宮崎プレスリリース

日本の伝統文化「書道・習字」を英語で体験できる?!『KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY』×『日本習字』

セイハネットワーク
【体験型英語教育施設】「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY」(以下、KGG)は2024年6月に公益財団法人日本習字教育財団(以下、日本習字)と異色のコラボイベントを開催!

日本の伝統文化である「書道・習字」を、さまざまな国の(国籍の)スタッフと一緒に体験できる新たなプログラムを実施いたします。「書道・習字」を通じて日本の伝統文化を英語で学びませんか。



実施日 : 2024年6月の土日
実施時間 : 10:00~18:00
※出入り自由、最終入館17:00
実施場所 : KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY
         〒805-0071福岡県北九州市八幡東区東田4丁目1-1
THE OUTLETS KITAKYUSHU 内
鹿児島本線スペースワールド駅より徒歩2分

THE OUTLETS KITAKYUSHU 内
鹿児島本線スペースワールド駅より徒歩2分

6月のKGGプログラム「日本習字コラボ! June英語漬け★」では、最大8時間滞在可能、最大10個のプログラムを英語で体験することが可能です。その中の1つ、KGG×日本習字のコラボプログラムでは、KGGに在籍するさまざまな国の(国籍の)スタッフと子ども達が、「書道・習字」を通じて日本の伝統文化を一緒に学ぶことができます。ただ文字を書くだけでなく、習字の歴史や墨の違いなどを理解しながら楽しく学ぶのが目的です。
是非この機会にKGGをご利用ください。

●日本習字とは
「正しい美しい愛の習字」の理念のもと、書道文化の向上・書道教育の振興を図るとともに、国際交流を促進し、日本の伝統文化である「書道・習字」の伝承・発展に寄与することを目的とし、全国に書道・習字の広がりを目指し活動しています。
●6月プログラム「日本習字コラボ! June英語漬け★」内容
1. 【日本習字コラボ】英語で習字♪
2. CA体験
3. ハワイでミニゴルフ
4. ボードゲーム
5. 塗り絵
6. 色でお買い物
7. お手紙を作ろう
8. 科学実験室
9. 世界のお菓子を食べよう
10. だるまさんがころんだ
●KGG×日本習字コラボプログラム内容
1. 書道・習字の歴史を英語で学びます
2. 色々な持ち方で筆を持ち、なぞる練習をします
3. 正しい持ち方で筆を持ち、なぞる練習をします
4. 墨汁と固形墨の違いを英語で学びます(香りの違い、色の違いなどを身体で感じます)
5. 好きな文字を日本語と英語で書きます
6. 自分の名前の由来について考え、英語で発表します
●KGG×日本習字プログラム参加特典
プログラムに参加した方限定。後日チラシを持参で日本習字教室にご入会いただけた方へ習字セットをプレゼント。
●KGGとは
セイハネットワーク株式会社(福岡県福岡市,代表取締役:坂口 正美,以下セイハネットワーク)が運営する「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY」(所在地:福岡県北九州市、以下KGG)は、西日本初の大型英語体験施設です。北九州スペースワールド跡地に誕生した「THE OUTLETS KITAKYUSHU」内に2022年オープン。年末年始のお休み以外毎日営業しています。KGGでは世界約15ヵ国の異なる国籍の外国人スタッフと本物の英語にふれる体験ができます。
詳細はぜひ、ホームページまたは予約サイトでご確認ください。

【ホームページ】https://www.kitakyushu-global-gateway.com/
【予約サイト】https://www.kitakyushu-global-gateway.com/generally/reserve/

▼アクセス
所在地:〒805-0071
福岡県北九州市八幡東区東田4丁目1-1
THE OUTLETS KITAKYUSHU 内
<鹿児島本線スペースワールド駅より徒歩2分>

★公式SNS

<本件に関するお問合せ先>
セイハネットワーク株式会社 KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY
(10:00 ~ 18:00 年末年始を除く)
企画担当:岡山
TEL:093-883-7168
E-mail: info_kgg(at)seiha.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

「九州・宮崎プレスリリース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。
掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。

製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。