【評】カメラ目線で優しくほほ笑む女性と、奥へ通ずる廊下に黒い扉。ここは妖しげな世界への入り口なのか、引き込まれそうだ。大胆なフレーミングで独特の世界観を表現できている。自然光で撮影したことで現場の空気感も伝わってくる。(写真映像部長 中島雅隆)