【評】ダンスが終了しても真剣な表情を崩さない踊り手。やり切った充実感や自信がキリッとした目元から伝わる。カメラマンも最後まで気を緩めず、シャッターを切り続けたのだろう。大胆な構図で迫力が増し、タイトル通りの作品になった。(写真映像部長 中島雅隆)