【評】五ケ瀬川を低空で飛行し、ねぐらに向かう8羽のサギ。夕暮れ時と相まって画面全体がアンダー気味になり、優雅に羽を広げて飛ぶ白い姿が際立っている。川面の反射も実に効果的で、「和」を感じさせる秀作になった。(写真映像部長 中島雅隆)