【評】逆光を生かして、落葉した1枚のモミジを輝かせた。朽ち果てる直前まで保ち続けるであろう美しさに生命力を感じる。優しい光の印象を受けるので、温かみも伝わる。縦構図の中にポイントになるいくつかの被写体をうまく配置して安定感がある作品になった。(写真映像部長 中島雅隆)