【評】橋の欄干にある鹿のオブジェに空から光が注がれている。命を吹き込まれているように見え、幻想的な世界が広がっている。橋を画角に入れ過ぎると説明的になるし、光とのバランスや鹿の配置も難しい。かなり迷ったと思うが、作品を見る限りベストな構図だと思う。(写真映像部長 中島雅隆)