ジャンベ(太鼓)の皮張りは、綱で締め込む全身を使った作業となる。完成間際にはうっすらと額に汗がにじんだ

音のうねりに魅せられて 情熱高まり本場で修業

 ジエリ、ドゥンドゥン、ドンソ…。齊藤剛さん(60)=宮崎市新別府町=が手掛けたこれらの逸品が好評だ。どうやら、新種のスイーツではないらしい。バラフォン、カリンバ、ジャンベ…。ピンと来た方もいるだろう。そう、正解はアフリカ楽器で齊藤さんは製作者。演奏家でもある。

 宮崎市出身。元々音楽好きで、高校時代はバンドでドラムを担当し、当時の音楽コンテストの王道「ポプコン」九州大会に県代表として出場するほどの腕前だった。卒業後は同市内で10年ほど会社勤めをした後、実家のちりめんじゃこ製造業を継ぎ、35年ほど生業としていた。多忙でしばらく音楽から離れていたが、20年ほど前に耳にした複雑で独特なアフリカ音楽が琴線に触れ、音楽熱が再燃する。

 愛好家と交流するうちにいっそう興味が募り、2005年に西アフリカ・マリを訪れるまでに。路上などで日常的に演奏が繰り広げられていて「音のうねりに感動した」。マリにはこれまで5度、いずれも数カ月滞在し、現地のバンバラ語と公用語のフランス語を習得した。

 奏法を学ぶ中で楽器作りにも興味を抱き、製作者宅に身を寄せて技法を学んだ。アフリカ楽器は素朴な音色が特徴で、木や動物の皮など身近な素材で作られている。齊藤さんの作品も同様で、現地滞在時はプロ演奏家から注文を受けるほど高い評価を受けた。

 2年前に家業を娘夫婦に任せ、腱(けん)引き療法所を営む。アフリカ音楽が流れる施術スペースには、自作の楽器がずらり。「優しい音色と緻密なリズムが病みつきになる」と、新たな刺激を求めて6回目の渡航を計画している。情熱は本物だ。