【評】青空にうっすらとかかる白い雲。その下でいくつものカラフルな透明傘がつるされていて、爽やかな雰囲気を感じさせる作品になった。簡素な背景になるようにローアングルから撮影し、子どもたちと子犬に目線が向くように工夫している。ハイキー調に仕上げたことで、作者の表現したいものがストレートに伝わってくる。(写真映像部長 中島雅隆)