【評】無風だったのか。池の水面が鏡のようになり、うっすらと樹木を反射している。ほうぼうに伸びた枝に水草や落ち葉を効果的に絡ませたり、青を基調としたグラデーションをうまく取り入れたりして、抽象画のような作品に仕上げた。人物を入れたのも効いている。(写真映像部長 中島雅隆)