【評】大輪の花火の下にライトアップされた唐津城とピンク色の無数の花火。大きさの対比を面白く写し込めた。構図のバランスもいい。画面のほとんどを花火の光跡が覆い尽くし、迫力満点の作品になり見とれてしまう。露出オーバーの所がなく設定もうまくいっている。一発勝負の撮影なので作者も満足しているだろう。 (写真映像部長 中島雅隆)