【評】西都市の西都原公園の空が夕日で染まるころ、真っ赤なヒガンバナと同じ高さになるまでカメラアングルを下げて撮影。たくさんの花が咲き誇る中、美しい一輪を選び主役にして、周りに埋もれることなく浮かび上がらせた。夕空の色みや雲の形もいい。主役を明確にするため、上部は大胆にカットしてもいいだろう。(写真映像部長 中島雅隆)