黄泉から逃げるイザナギはタケノコを生やさせ、追跡をかわした。同地区内にはその伝説を思い起こさせる竹林が残る(合成写真)

置き去りのイザナミ悲哀浮かぶ

 この世とあの世を分かつ黄泉比良坂(よもつひらさか)-。

 都城市梅北町の嫁坂(よめさか)地区は、もともと「夜見(よみ)坂」と呼ばれた。古事記の話中、イザナギが黄泉(よみ)の国から逃げる際に通った「黄泉の坂」を連想させて不吉との理由で、地名に「嫁坂」の字が当てられたのだという。

 郷土史「中郷之歴史・古蹟」(山田勝男著)では夜見坂の由来について「(イザナギは)夜見の平坂に道友石を横たへふさいで逃げ…」と神話を引用して説明。さらに「夜見」とは鹿児島の異族の土地を指すとも指摘。イザナギは現世に戻った後、鹿児島の檍原に行き、みそぎをしたとしている。

 地名はいつごろから変更されたのか。元嫁坂自治公民館館長の上野貞道さん(96)は「私が幼いころ、90年前には既に嫁坂と呼ばれていたはず」と記憶をたどる。

 地区内を通る県道109号は整備以前、高低差が激しく坂を印象づける道路だった。上野さんは「昔は砂利道で、木炭車が坂を上り切れずに止まってしまうことがあった。後ろから押し上げるのを手伝った」と懐かしんだ。

 伝説では、逃げるイザナギが髪に着けていたくしを投げつけたところ、たちまちタケノコなどが生え、追っ手たちを足止めした。その名残を思わせるうっそうとした竹林が県道沿いにあった。中に入り細道を歩くと、周囲の葉のざわめきがまるで、イザナギを取り逃がした追っ手たちの恨み節のようだった。

 イザナギが黄泉に向かったのは、妻イザナミを連れ戻すため。やっと再会を果たしたが、恐ろしい姿に変わってしまったことを嘆く。

 置き去りにされた妻。嫁坂の地名に、イザナミの悲哀が重なって見えた。

【メモ】嫁坂から5キロほど南の鹿児島県末吉町にある檍神社はイザナギ、イザナミを祭る。妊婦が境内にある小戸池の水を飲むと安産だと言い伝えられる。