皇宮屋の一角に鎮座する皇宮神社。木々に囲まれ、清らかな空気が漂う

神武天皇が東征前英知育んだ住居跡

 タブノキやカゴノキが茂る鎮守の森は、穏やかで輝きに満ちている。宮崎市下北方町の平和台公園南側に広がる住宅街。そこに日向神話最後の主役カムヤマトイワレビコノミコト(神武天皇)が住んでいたとされる場所がある。宮崎神宮の元宮「皇宮神社」が鎮座、古来「皇宮屋(こぐや)」と呼ばれ大切に守り継がれてきた。

 神武天皇は高原町の狭野で生まれ、皇太子となる15歳の時、この地に移ったという。宮崎神宮の社伝によると、その後、東征に向かう45歳まで過ごしたとされる。東征の戦略を兄イツセノミコトと相談した地ともいわれるが、史料は無く、記紀にも記されてはいない。

 地元の歴史を研究している「下北方の歴史を訪ねる会」編集委員長押川定次さん(80)は「ここは台地になっており、大淀川の氾濫による浸水被害の心配がない。辺りには弥生時代の古墳や江戸時代の代官所跡もあり、昔から生活の要所だった」と話し、「神武天皇もまつりごとの傍ら、しっかり休めたのではないか」と思いをはせる。

 神社を囲む約1ヘクタールの森。透明な光が注ぎ込む朝、住民らが癒やしを求めて訪れる。大切にされているのだろう。境内を歩くと、落ち葉一つないことに気付く。

 宮崎市東大宮の会社員平野恭子さん(63)は15年前から皇宮屋の清掃が日課。「ここに来ると心が落ち着く。自然と一体になるようで、自分が生きていることに感謝できる」と木々を見上げ、深く息を吸い込んだ。

 神武天皇は30年間の長きにわたって、この地で何を考え、何をしたのか。宮崎平野と大淀川を眺め、東方に古代王権を築き上げる英知を育んだに違いない。

【メモ】皇宮神社の社殿は神武天皇を祭る。1976(昭和51)年に伊勢神宮の古殿舎の用材を使い改築した。旧社殿は現在地から西に40メートルの位置にあった。創建は不明。1847(弘化4)年再建の記録が残る。