ホーム ドリームニュース JIG-SAW US、米国Bluetooth Gateway大手Cassia NetworksへIoT-OPSサービスを提供。24/7 マネージド・ホスティングサービスをリリース。

ドリームニュース

JIG-SAW US、米国Bluetooth Gateway大手Cassia NetworksへIoT-OPSサービスを提供。24/7 マネージド・ホスティングサービスをリリース。

2024/06/25 13:30

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000300153/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000300153&id=bodyimage1

JIG-SAW INC.(東京都千代田区)の米国法人JIG-SAW US, INC.(カリフォルニア州、以下 JIG-SAW US)は、今月、同社が提供するIoT運用監視サービスであるIoT-OPSを応用した、Cassia Networks社のBluetoothゲートウェイをサポートするアクセス・コントローラーに対する24/7 マネージド・ホスティングサービスを発表しました。
JIG-SAWがホスティングし、運用監視するこのサービスは、IoTシステムの導入と運用管理に高いレベルの信頼性、セキュリティ及び可用性(Availability)を提供します。

24/7 マネージド・ホスティングサービス

JIG-SAWの24/7 ホスティング&モニターサービスは、Cassia Networks社のアクセス・コントローラーの導入と管理を簡素化するプラグ・アンド・プレイ・ソリューションです。
本サービスの概要は、以下のとおりです。

24時間365日のAi-Ops: ゲートウェイアラートを24時間体制で監視しAIで処理、お客様のシステムの安定した稼動状態を維持し、問題があれば専門のエンジニアが迅速に対処します。
最新のソフトウェアアップデート: すべてのソフトウェアアップデートとセキュリティパッチを処理し、お客様のシステムを常に最新で安全な状態に保ちます。
システムログ監視と分析: より詳細な分析が必要なお客様には、AIを用いたシステムログの監視と分析をオプションで提供し、問題の特定と未然の解決を支援します。
エッジデバイス監視と管理: エッジデバイスまで監視機能を拡張し、IoTエコシステム全体を包括的に監視します。

本サービスのメリット
24/7 マネージド・ホスティングサービスでは、複雑なクラウド・IoT環境管理をJIG-SAWが行うことにより、お客様はコア業務に専念することができます。
本サービスには、以下のようなメリットがあります。

サーバー運用監視: Ai-Opsによる、24時間365日の監視体制により、高可用性(High-Availability)と低メンテナンス性を実現します。
システム運用管理: 24時間体制で専任エンジニアがアラートを監視し、必要に応じてシステムのリセット、アップデートなどの対応処理を行います。

本サービスでは、JIG-SAWがお客様のIoTインフラストラクチャを24時間体制で支えるパートナーとなります。IoT環境を構成するゲートウェイ、サーバー及びエッジデバイス等を監視し、アラートの初期対応及びエスカレーション・レポートを提供し、安定した運用を実現します。

詳細につきましては、inquiry@us.jig-saw.com までお問い合わせいただくか、IoT-OPSのウェブサイト https://iotops.jig-saw.com/ をご覧ください。

Cassia Networksについて

Cassia Networks社は、企業向けBluetooth IoT製品及びソリューションのリーディング・プロバイダーです。同社の特許取得済テクノロジーは、Bluetooth IoTネットワーク向けに、最も信頼性が高く、管理が容易な長距離、複数デバイスの接続、エッジ処理及び位置特定を提供します。Cassia Networks社の使命は、今日の企業が直面するIoT接続、位置特定及び管理の課題を解決し、IoTを容易にすることです。
シリアル・アントレプレナーでワイヤレス技術のベテランであるFelix Zhao氏が率いるCassia Networks社は、”確実に動作する “IoT環境を実現する画期的なIoT製品の構築に取り組んでいます。シリコンバレーと北京の中心に位置する同社は、Google、Cisco、Tencent、Aruba、Roku及びFacebookなど、インターネットと通信のトップ企業での経験を持つ優秀な人材で構成されています。
詳細は、Cassia Networks社のウェブサイト Cassia Networks をご覧ください。

JIG-SAWについて

JIG-SAWは、IoTデータ制御サービスを専門とするソフトウェアテクノロジー企業であり、IoTアプリケーションの市場投入までの時間を大幅に短縮し、運用技術 (OT) とITのギャップを埋めるIoTサービスの世界展開を目指しています。
クラウド-エッジ(エンドトゥーエンド:E2E)IoTデータコントロールサービス
独自アルゴリズムによる全自動IoT・クラウドデータ制御・エッジコネクトサービス
最先端チップ、モジュール開発及び各種通信制御、自動運転技術などの研究開発
※最適自動制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化、分散化、シェアリング化のためのA&Aサービスを展開
※OS技術を軸としたソフトウェア技術と組込み、超高速通信、信号制御を軸にしたハードウェア技術を保有並びに基盤技術の再生医療及び画像制御分野等への応用

会社概要

社名 :JIG-SAW株式会社 https://www.jig-saw.com/
拠点 : 東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
コントロールセンター/ 札幌2拠点(N83 & N44)、北米1拠点(TCC)
米国法人/サンフランシスコ、サンノゼ、ロサンゼルス
カナダ法人/トロント



配信元企業:JIG-SAW株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ