国内外ニュース

米、「深刻な懸念」伝達 ラファ空爆でイスラエルに 

2024年05月29日05時22分
 【ワシントン共同】米国務省のミラー報道官は28日の記者会見で、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ最南部ラファへの空爆で多数の死者が出たことは「悲劇的だ」と指摘し、イスラエル側に「深刻な懸念」を伝えたと明らかにした。国際人道法を順守して民間人被害を最小限に抑えるよう引き続き求めると強調した。

 一方でミラー氏は、イスラエル軍のラファでの作戦は、ガザ中心部や北部で実施したような大規模なものではないとの認識を示した。米政権はラファに本格侵攻すれば、武器支援を停止すると警告している。
【写真】 米国務省のミラー報道官=2月、ワシントン(ゲッティ=共同)