国内外ニュース

同性愛者に差別的表現 ローマ教皇が謝罪 

2024年05月29日01時04分
 【ローマ共同】ローマ教皇フランシスコは28日、イタリアの司教らとの非公式会合で、男性の同性愛者に対する差別的な表現を使ったとして、教皇庁の声明を通じて謝罪を表明した。「侮辱する意図はなかった」としている。

 イタリアメディアによると、教皇は20日、神学校に同性愛者を受け入れるかどうかを司教らと議論する中で、一部の神学校に同性愛者がいると発言した。その際にイタリア語で「ホモ」を意味する差別的な単語を使ったとされる。

 教皇は、性的少数者の人々に寛容な姿勢を示してきた。主要紙コリエレ・デラ・セラは、教皇はアルゼンチン出身で、侮辱的な意味がある言葉だと理解していなかった可能性があると指摘した。
【写真】 ローマ教皇(ロイター=共同)