国内外ニュース

中国軍事演習にロボット犬導入 ライフル銃で敵撃退、偵察活動も 

2024年05月28日16時38分
 【北京共同】中国軍がカンボジアとの合同軍事演習「ゴールデンドラゴン2024」にロボット犬を導入したことが28日、明らかになった。ライフル銃で敵を撃退するほか、偵察活動を行うなどの訓練を実施した。中国国営中央テレビが訓練の映像を放送した。

 中国の習近平指導部はロボットや無人機(ドローン)、人工知能(AI)といった先端技術の軍事利用で「世界一流の軍隊」建設を進める構え。国際社会ではAIを利用した自律型致死兵器システム(LAWS)のルール作りが議論されており、中国の開発加速で「殺人ロボット」の規制を求める声が高まりそうだ。

 中国軍のロボット犬は前進や後退など複雑な動作ができる。
【写真】 軍事演習で背中にライフル銃を装備した中国軍のロボット犬(中国国営中央テレビ電子版から、共同)