国内外ニュース

米大統領、戦没者を追悼 「自由のため戦った」 

2024年05月28日07時23分
 【ワシントン共同】バイデン米大統領は戦没将兵記念日(メモリアルデー)の27日、南部バージニア州アーリントン国立墓地で戦没者を追悼し「彼らはわれわれの自由のため戦った」と演説した。すべての世代には専制主義から民主主義を守る義務があると訴えた。

 バイデン氏はイラクで従軍後、がんで亡くなった長男ボー氏に言及し「愛する人を失うことがどんなにつらいか分かる」と語った。大統領に就任後、外国に駐留中に健康被害を受けた退役軍人らへの社会保障の拡大に努めてきたと強調した。

 バイデン氏はハリス副大統領、オースティン国防長官と共に無名戦士の墓を訪れ、献花した。
【写真】 27日、米南部バージニア州の墓地で戦没者を追悼するバイデン大統領(ロイター=共同)