国内外ニュース

パプア中部で地滑り、百人死亡か 豪報道、被害拡大の恐れ 

2024年05月24日20時48分
 【シドニー共同】南太平洋のパプアニューギニア中部エンガ州で24日午前3時(日本時間同2時)ごろ、地滑りが起きた。オーストラリアの公共放送ABCは地元住民の話として、土砂の生き埋めになるなどして100人以上が死亡した可能性があると報じた。被害の全容は明らかになっておらず、死傷者が増える恐れがある。

 マラペ首相は軍などを現地に派遣し、救出活動やインフラ復旧に全力を挙げると表明した。

 地滑りがあったのは首都ポートモレスビーの北西約600キロにある村。ソーシャルメディアには、土砂や岩のがれきに覆われた現場の写真が投稿された。
【写真】 地滑りが起きたパプアニューギニア中部エンガ州=24日(Andrew Ruing・ロイター=共同)