国内外ニュース

日米の宇宙非核決議案が否決 安保理で、ロシアが拒否権 

2024年04月25日05時22分
 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は24日、日本と米国が共同提出した宇宙空間に核兵器や大量破壊兵器を配備しないよう各国に求める決議案を否決した。常任理事国のロシアが拒否権を行使した。中国が棄権し、ほかの13カ国は賛成した。

 決議案には「地球周回軌道への配備を目的とした、核兵器やいかなる大量破壊兵器の開発もしない」との条項が盛り込まれていた。米政府高官は、ロシアの拒否権行使は、宇宙空間に配備する対衛星兵器への核導入をロシアが模索していることの現れだと批判した。

 米国のトーマスグリーンフィールド国連大使が、宇宙への核配備阻止に向けた決議案を日本と共に提出する意向を表明していた。
【写真】 国連安全保障理事会=24日(AP=共同)