国内外ニュース

香港、天安門追悼に参加で初公判 民主派25人「罪ではない」 

2020年09月15日18時49分
 【香港共同】香港で今年6月4日、中国が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件の犠牲者追悼集会に参加したとして、無許可集会参加の罪に問われた活動家、黄之鋒氏ら民主派25人に対する初公判が15日、香港・九竜地区の裁判所で開かれた。黄氏らは裁判直前に記者会見し「犠牲者追悼は罪ではない」「政治的弾圧に抗議する」などと訴えた。

 追悼集会は毎年、事件が起きた6月4日に香港中心部のビクトリア公園で行われてきたが、今年はコロナ対策の集会禁止令などを理由に香港警察が初めて禁止した。

 だが、市民らが個人として公園に集まり追悼集会を強行、参加者は1万人以上に上った。
【写真】 15日、香港・九竜地区の裁判所敷地内で、記者会見する民主活動家、黄之鋒氏(左から2人目)ら(共同)