国内外ニュース

尊富士ら2人が新十両昇進 欧勝海も、再十両に白鷹山ら 

2023年11月29日10時08分
 日本相撲協会は29日、福岡国際センターで大相撲初場所(来年1月14日初日)の番付編成会議を開き、日大出身の尊富士(24)=本名石岡弥輝也、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=ら2人の新十両昇進を決めた。

 尊富士は昨年秋場所の初土俵から所要8場所の新十両で、年6場所制となった1958年以降初土俵では小錦、把瑠都らに並ぶ7位の速さ(幕下付け出しを除く)。

 他に新十両は新潟・海洋高出身の欧勝海(22)=本名深沢成矢、石川県出身、鳴戸部屋。

 再十両も2人。白鷹山(28)=本名斎藤亨将、山形県出身、高田川部屋=が2場所ぶり、栃武蔵(24)=本名菅野陽太、埼玉県出身、春日野部屋=が5場所ぶりに戻った。
【写真】 新十両昇進が決まり、ポーズをとる尊富士=29日、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋宿舎