国内外ニュース

シンビンを試験導入へ 国際サッカー評議会 

2023年11月29日07時30分
 【ロンドン共同】競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)は28日、ラグビーの規則にあるシンビン(一時退場)を試験的に導入する方針を固めた。審判員に異議を唱えた選手などが対象となる。アマチュアなど草の根レベルで実施して一定の成果が表れたことを受け、今後プロでの採用を検討するという。

 特定の場面で主将以外の選手が主審に近づくことを認めないことや、審判員への敬意を欠く振る舞いを見せた選手、監督に対して規則をより厳格に適用することも検討する。来年3月の総会で承認されれば、同7月に施行される新シーズンの競技規則に盛り込まれる。
【写真】 W杯カタール大会の3位決定戦で、主審に詰め寄るモロッコの選手たち=2022年12月