国内外ニュース

東電、デブリ取り出し装置公開 福島第1、2号機に投入へ 

2024年05月28日18時39分
 東京電力は28日、福島第1原発2号機の溶融核燃料(デブリ)の取り出しに使う伸縮パイプ式装置を神戸市内で公開した。10月までの取り出し着手を目指している。

 装置は、太さ20センチと16センチのステンレス製のパイプがつながり、釣りざおのように最大約22メートルに伸びる。原子炉格納容器の貫通部からパイプを差し込み、先端に取り付けた金属製ブラシや爪形装置で3グラム未満のデブリを試験的に採取する計画だ。

 この日は装置を開発中の三菱重工業神戸造船所で、格納容器を模擬した設備からデブリに見立てた小石を回収する一連の作業を公開した。実際の回収作業は2週間程度かかる見込みという。
【写真】 東京電力が公開した福島第1原発2号機の溶融核燃料の取り出しに使う伸縮パイプ式装置=28日、神戸市(代表撮影)