国内外ニュース

インスタに患者カルテ投稿、仙台 管理栄養士「確認できるよう」 

2024年05月24日17時20分
 仙台市立病院(同市太白区)は24日、管理栄養士の20代女性職員が患者1人のカルテを撮影して自身のインスタグラムに投稿し、氏名や病名が約1カ月間、閲覧可能となっていたと発表した。カルテ記載の病気の説明が分かりやすく「スマートフォンでは写真が埋もれてしまう。いつでも確認できるようにしたかった」という趣旨の説明をしているという。

 病院によると、職員は4月15日ごろ、患者の電子カルテを印刷してスマホで撮影し、インスタに投稿。個人情報を削除したつもりが、氏名や病名が写ったままになっていた。

 5月15日に外部から指摘があり発覚。病院は患者に謝罪。処分については検討中としている。