国内外ニュース

核燃料装填作業が一時中断 柏崎原発の監視装置に不具合 

2024年04月16日20時31分
 東京電力は16日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発7号機(新潟県)への核燃料装填を巡り、制御棒の支えとなる器具を挿入しようとした際、計画と異なる位置に入れようとしているとの警告が出て、装填作業が一時中断したと発表した。警告した監視装置に不具合が生じたと判断し、約3時間後に作業を再開した。東電は原因を調べている。

 東電によると、警告が出たのは15日午後10時ごろ。器具を入れる工程は、監視装置とは別のコンピューターで制御しており、異常はなかった。16日午前7時時点で核燃料計872体のうち12体の装填が完了した。
【写真】 新潟県の東京電力柏崎刈羽原発7号機で始まった核燃料の装☆(土ヘンに眞)作業=15日午後(東京電力提供)