国内外ニュース

核のごみ調査、議論見守る 佐賀知事、処分場は反対 

2024年04月16日11時21分
 佐賀県の山口祥義知事は16日、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査に応募するよう求める請願書が同県玄海町議会に出されたことについて「議論を見守りたい」と語った。九州電力玄海原発が立地していることを念頭に「新たな負担を受け入れる考えはない」と述べ、処分場誘致には反対の立場を明確にした。記者団の取材に応じた。

 山口氏は「佐賀県は(国の)エネルギー政策に相当の役割を果たしている」と強調した。

 核のごみ処分場の文献調査に関する請願が原発が立地する市町村で提出されたのは全国で初めて。
【写真】 九州電力玄海原子力発電所=2022年、佐賀県玄海町