国内外ニュース

民間ロケットに地元の熱視線 二つの「初」に挑戦、和歌山 

2024年03月03日16時15分
 宇宙事業会社スペースワン(東京)が9日、和歌山県串本町にある日本初の民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」で小型ロケットを打ち上げる。小型衛星も搭載、軌道投入に成功すれば民間ではこれも初めてとなり、二つの「初」に注目が集まる。打ち上げを一目見ようと、見学場のチケットは完売。地元ではロケットを町の発展の起爆剤にしようと期待が高まっている。

 スペースポート紀伊はスペースワンが整備した。民間ではインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)のロケットが宇宙に到達しているが、発射場は大樹町が所有。JAXAの鹿児島の発射場は国の持ち物だ。

 打ち上げるのは、全長18メートルの小型ロケット「カイロス」1号機。固体燃料を使い、今回は政府の小型衛星を搭載する。

 打ち上げが迫る中、地元では熱気が高まっている。打ち上げを見守る有料見学場が2カ所設けられ、約5千枚を用意したチケットは既に完売。南紀串本観光協会によると、通常3月上旬は繁忙期ではないが、現在多くの施設が8~9日は満室となっているという。
【写真】 日本初の民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」=2月、和歌山県串本町(共同通信社ヘリから)