国内外ニュース

コロナ治療薬バリシチニブを推奨 WHO、重症化率下げる効果 

2022年01月14日20時26分
 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は14日、新型コロナウイルス感染症の重症者の治療に、関節リウマチなどの薬として使われる「バリシチニブ」を、ステロイド系抗炎症薬と合わせて使用することを「強く推奨する」との指針を公表した。死亡率や人工呼吸器の装着に至るような重症化率を下げる効果がある。副作用はみられなかったという。日本でも昨年、新型コロナ治療薬として承認済み。

 バリシチニブは、WHOが既に使用推奨している、炎症を起こすタンパク質インターロイキン6阻害薬のトシリズマブとサリルマブと同様の効果を発揮。いずれか一方を使用し、両方を同時に用いないよう求めた。