国内外ニュース

WHO、インフルへの警戒訴え 北半球の冬に向け 

2020年10月17日09時09分
 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は16日の記者会見で、北半球が冬を迎えるに当たり、発熱やせきなど新型コロナウイルス感染症と共通する症状が多いインフルエンザへの警戒を改めて呼び掛けた。

 テドロス氏は、欧州で新型コロナ感染が再拡大していることを踏まえ、入院患者が増加し他の病気への対応が不十分になる状況を懸念。世界で毎年、インフルエンザで重症になる患者は350万人に上るとして、ワクチン接種などの備えを訴えた。
【写真】 WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)