国内外ニュース

規正法、参院は「独自の対応」 維新・音喜多政調会長 

2024年06月11日17時21分
 日本維新の会の音喜多駿政調会長は11日、自民党派閥裏金事件を受けた政治資金規正法改正案を巡り、参院審議での自民側の答弁が後ろ向きだとして「改革が前に進まないのなら、参院は独自の対応をせざるを得ない」と記者団に述べた。一方で公明党の山口那津男代表は、国会日程に影響するとして「必ずしも法案を修正する必要はない」と語った。

 維新は衆院で修正合意を経て自民案に賛成している。音喜多氏は参院審議で、自民の法案提出者や岸田文雄首相が政策活動費の制度設計などの期日を明言しないとして「このままではもろ手を挙げて賛成するのは難しい」と強調した。
【写真】 音喜多駿氏