国内外ニュース

台湾海峡「急速に懸念拡大」 24年版防衛白書、素案判明 

2024年05月23日19時29分
 政府の2024年版防衛白書の素案が23日、判明した。中国と台湾の軍事バランスの変化を「中国側に有利な方向に急速に傾斜」と表現。台湾海峡情勢を「国際社会全体で急速に懸念が高まっている」と分析した。北朝鮮の核・ミサイル開発は「質的な意味での能力向上に注力」しているとした。白書は7月中に閣議に報告される見通し。

 中国に関しては、22年に決定した国家安全保障戦略の「これまでにない最大の戦略的挑戦」との位置付けを踏襲。台湾周辺で活発化する軍事活動を通じ「既成事実化と実戦能力の向上を企図している」と指摘した。ロシアとの戦略的連携には「安全保障上の強い懸念」を示した。