国内外ニュース

自民幹部「墓穴掘った」 裏金事件対応に苦言 

2024年05月15日19時35分
 自民党の平井卓也広報本部長は15日、派閥裏金事件を巡る党の対応に苦言を呈した。政治資金収支報告書への不記載問題に正面から向き合うべきだったと指摘した上で「派閥の解消や党内処分でどんどん分かりづらくしてしまった。自ら墓穴を掘った」と語った。

 党本部で開いた東京都連との「政治刷新車座対話」後、記者団の取材に答えた。会合には都連幹部が出席し、岸田文雄首相(党総裁)を念頭に責任を問う声が出たという。平井氏は9月の総裁選では、首相の責任も「考慮される」と述べ、焦点の一つになり得るとの見方を示した。平井氏は解散方針を決めた岸田派に所属している。
【写真】 東京都連との「政治刷新車座対話」であいさつする自民党の平井卓也広報本部長(中央)=15日午後、東京・永田町の党本部