国内外ニュース

マイナ証明書、再び誤交付 総務省、富士通を行政指導 

2024年04月16日19時25分
 総務省は16日、マイナンバーカードを使ったコンビニなどでの証明書交付サービスを実施している高松市で、別人の住民票の写しを交付するトラブル1件を起こしたとして、システムを提供した富士通(東京)に原因究明などを求め行政指導した。同社は昨年、誤交付を15件発生させ、再発防止に努めると報告した経緯があり、品質管理体制に著しい問題があると判断した。

 高松市は今年1月に証明書交付サービスを導入し、住民票の誤交付は4月4日に発生した。プログラムの設定ミスが原因だった。高松市以外の自治体ではトラブルは確認されていない。

 同様の誤交付は昨年3月以降、横浜市など5市区で計15件発生した。