国内外ニュース

国民年金65歳納付、効果を試算 自営業ら保険料、5年延長 

2024年04月16日18時30分
 厚生労働省は16日、年金の長期的な給付水準を点検する今年の「財政検証」で、自営業者らが加入する国民年金の保険料納付期間を現行の「60歳になるまでの40年」から「65歳になるまでの45年」に延長した場合の給付の底上げ効果を試算する方針を決めた。社会保障審議会(厚労相の諮問機関)に試算項目を提案し、了承された。

 納付期間の延長で給付の原資が増え、将来受け取る年金の水準低下を緩和する狙い。厚労省は今夏に検証の結果を公表し、年末までに実施の可否を決める意向だ。制度改正の関連法案を2025年の通常国会に提出する方針。

 国民年金保険料の納付期間は20歳以上60歳未満の40年間。