国内外ニュース

内閣不信任提出へ調整続行 野党、会期延長要求で一致 

2021年06月10日16時04分
 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党首は10日、国会内で会談した。16日に会期末を迎える今国会の大幅な会期延長や補正予算編成を菅政権に求める方針で一致した。東京五輪・パラリンピック開催の理由説明も要求する。4党首は、新型コロナウイルス対策や五輪を強行しようとする姿勢を問題視しており、内閣不信任決議案の提出に向けて調整を続けた。

 会談後、立民の枝野幸男代表が明らかにした。

 立民は党首会談を内閣不信任案提出への「第1段階」(幹部)と位置付けている。与党に会期延長を要請。菅政権が拒めば週明けにも、4野党で不信任案提出を最終決定する段取りを描いている。
【写真】 野党党首会談に臨む(奥左から)玉木国民民主党代表、枝野立憲民主党代表、志位共産党委員長ら=10日午後、国会