国内外ニュース

奈良・宇陀市長に金剛氏初当選 失職前市長と一騎打ち制す 

2020年06月28日22時43分
 奈良県宇陀市の高見省次前市長(60)が2度の不信任決議を受けて失職したことに伴う市長選が28日、投開票され、新人の元県職員金剛一智氏(63)=自民、立民、国民推薦=が、再選を目指した高見氏を破り初当選した。無所属2人の一騎打ちを制した。投票率は62・81%で、前回2018年の選挙を9・96ポイント下回った。

 高見氏は保養施設の指定管理者を専決処分で決めたことなどを巡り議会と対立。3月に不信任決議が可決され議会を解散した。市議選を経た5月、再度の不信任決議を受けて、地方自治法の規定により失職した。

 不信任決議に賛成した市議の多くは金剛氏を支援した。