国内外ニュース

河井元法相が仮釈放、買収で服役 生活態度や更生意欲を考慮 

2023年11月29日13時17分
 2019年参院選広島選挙区の買収事件を巡り、公選法違反の罪で懲役3年、追徴金130万円の実刑判決が確定した河井克行元法相(60)が29日、服役していた栃木県内の刑務所から仮釈放された。関係者への取材で分かった。服役満期は24年だったが、刑務所内での生活態度や更生への意欲などが考慮された。

 21年6月の一審東京地裁判決は、元法相が妻案里氏(50)=有罪確定=の当選を目指し、地元議員ら100人に計約2870万円を配ったと認定した。元法相側は同年10月、東京高裁への控訴を取り下げ、刑が確定していた。
【写真】 河井克行元法相