国内外ニュース

安全に泳げる川は「ありません」 強い表現で危険訴え、岐阜 

2020年09月16日16時08分
 「岐阜県内の河川で、安全に泳げる場所はありますか」「ありません」―。岐阜県河川課のホームページ内にある、水難事故Q&Aのコーナーが「川を甘く見ると重大な事故につながる」「楽しかったはずのキャンプが最悪の結果に」などと強い表現で危険を訴え、会員制交流サイト(SNS)で話題となっている。

 全29問のコーナーは6月に開設。河川課の内田俊之係長は「命に関わること。あやふやな表現だと伝わらない」と話す。

 岐阜県警によると、7~8月の県内の水難事故は、昨年同時期より7件多い22件。新型コロナウイルス感染拡大によるプールの利用制限などが影響したとみられる。
【写真】 岐阜県河川課のホームページ内にある、水難事故Q&Aのコーナー