国内外ニュース

150万円受領の天満市長が辞職 広島・三原、河井前法相から 

2020年06月30日13時02分
 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)から150万円を受領した広島県三原市の天満祥典市長(73)が30日付で辞職した。本人の申し出を受け、市議会が同意した。後任を選ぶ市長選は8月2日告示、同9日投開票となる。

 天満氏は30日の市議会本会議で「申し出を断ることができなかった。西日本豪雨や新型コロナウイルス感染症対策を最優先に考え、政治空白をつくれば対策が遅れるという懸念から、言い出すことができなかった」と釈明した。

 天満氏は市議会での場も含め一貫して受領を否定していたが、25日の記者会見で認めた。
【写真】 広島県三原市議会本会議で辞職の申し出について説明する天満祥典市長=30日午前