国内外ニュース

衰弱の乳児放置の疑いで母逮捕 千葉県警、死亡の経緯捜査 

2020年06月03日19時43分
 今年1月、衰弱した当時生後10カ月の次女を放置したとして、千葉県警は3日、保護責任者遺棄の疑いで、母親の住所不定、無職小西理紗容疑者(23)を逮捕した。次女は搬送先の病院で死亡が確認された。県警は育児放棄とみており、保護責任者遺棄致死容疑で経緯を調べている。

 逮捕容疑は1月3日~25日ごろ、当時住んでいた千葉県市原市のアパートの一室で、次女の紗花ちゃんに食事を与えず、適切な医療措置を受けさせることなく放置した疑い。

 県警によると、紗花ちゃんは死亡時、極度に痩せた状態で、低栄養と脱水で衰弱死した可能性がある。体に目立ったあざはなかった。