国内外ニュース

旭川、女子高校生殺害の関与否定 容疑者「橋に置いてきた」 

2024年06月18日20時58分
 北海道旭川市で女子高校生(17)をつり橋から石狩川に転落させて殺害したとして、殺人の疑いで再逮捕された無職内田梨瑚容疑者(21)が「(高校生を)橋に置いてきた」と、殺害行為への関与を否定する趣旨の供述をしていることが18日、関係者への取材で分かった。道警は高校生が橋から転落するまでの経緯を調べている。

 関係者によると、つり橋には高校生と内田容疑者、旭川市の無職の女(19)=殺人容疑で再逮捕=がいた。内田容疑者は、高校生をつり橋に残して無職の女と一緒に帰ったため、高校生が転落するのは見ていないと説明。現場周辺では高校生の衣服が見つかった。

 被害者の高校生は内田容疑者らに車内に監禁されてコンビニに寄った際、店員に助けを求めたが、内田容疑者らは店員に「この子はおかしくなっている。取り合わなくていい」という内容の説明をしたことが分かっている。

 コンビニの外で、逃げようとした高校生に内田容疑者らが暴行を加える様子が周辺の防犯カメラに写っていた。その後、つり橋に向かったとみられる。
【写真】 現場となった旭川市の神居古潭地区にあるつり橋=15日