国内外ニュース

誤診で16歳男子高校生死亡 名古屋日赤、十二指腸閉塞 

2024年06月17日17時45分
 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院(名古屋市)は17日、昨年5月に腹痛などを訴えた男子高校生=当時(16)=を誤診し、治療が遅れたため死亡したと発表した。十二指腸が血管と血管の間に挟まれて閉塞する上腸間膜動脈症候群(SMA症候群)を、急性胃腸炎と診断していた。CT画像の分析や、脱水症状の評価が不適切だったと判断した。

 病院の医療事故調査委員会の報告書によると、高校生は昨年5月28日に腹痛や嘔吐などを訴え救急搬送。研修医がCT画像や採血結果から急性胃腸炎と診断し、整腸剤などを処方しただけで帰宅させた。高校生は症状が改善しなかったため翌29日に再度訪れ、別の医師がSMA症候群の疑いと診断、入院させた。容体が悪化して30日未明に心肺停止状態となり、6月15日に亡くなった。

 報告書は、脱水症状やCT画像の評価が不十分だったことで治療が遅れたと指摘。研修医のサポートや、職員間の情報共有体制にも問題があったとした。
【写真】 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院=17日午後、名古屋市