国内外ニュース

伴英幸さん死去、72歳 原子力資料情報室の共同代表 

2024年06月11日21時01分
 脱原発の実現を訴える市民団体「原子力資料情報室」共同代表の伴英幸(ばん・ひでゆき)さんが10日午後0時35分、がんのため東京都中央区の病院で死去した。72歳。三重県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

 早稲田大卒業後、チェルノブイリ原発事故をきっかけに、脱原発法制定運動事務局などを経て1990年、原子力資料情報室スタッフに。95年に事務局長、98年から共同代表。東京電力福島第1原発事故への対応や、その後の国の原子力政策に対し、批判的な立場から発言した。
【写真】 「原子力資料情報室」共同代表の伴英幸さん