国内外ニュース

米、4カ月ぶり本格支援 防空装備「直ちに発送」 

2024年04月25日07時18分
 【ワシントン共同】米政府は24日、ウクライナ支援の緊急予算成立を受け、ロシアが侵攻を続けるウクライナに10億ドル(約1550億円)相当の軍事支援をすると発表した。本格的な武器供与は約4カ月ぶりとなる。昨年12月下旬に予算がほぼ枯渇し、継続的な支援ができなくなっていた。バイデン大統領は、弾薬や防空装備を「直ちに発送する」と表明した。

 弾薬のほか、地対空ミサイル「スティンガー」や対戦車ミサイル「ジャベリン」などを供与する。数日内に届き始める見通しで、国防総省は「防衛に必要な支援を今後も続ける」と強調した。
【写真】 ウクライナ支援の緊急予算について話すバイデン米大統領=24日、ワシントン(AP=共同)