国内外ニュース

不当口コミ、医師らグーグル提訴 全国の63人「利益侵害」 

2024年04月18日19時24分
 インターネット上の地図サービス「グーグルマップ」に投稿された不当な口コミが削除されず利益が侵害されたとして、全国の医師や歯科医師ら計63人が18日、運営する米IT大手グーグルに計約140万円の損害賠償を求め、東京地裁に集団提訴した。弁護団は同社を含めた「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の投稿機能の在り方を巡り、賠償を求める集団提訴は初めてとしている。

 グーグルマップでは、診療科目と地名を入力すると、周辺の医療機関が表示される。クリックすれば、名称や住所、診療時間といった情報が確認できるほか、「クチコミ」の投稿や5点満点の「評点」を付けることができる。飲食店なども同様の機能が利用できる。

 提訴したのは東京、神奈川、愛知、大阪、福岡など各地の開業医や医療法人の医師、歯科医師ら。都内で開業する原告団長の男性医師は記者会見で「誹謗中傷や侮辱のほか、勝手に『閉業』にされるなど営業妨害を受けている医療機関が多い」と訴えた。

 グーグルは取材に「個別案件のコメントは控える」としている。
【写真】 提訴後に記者会見する中沢佑一弁護士(中央)ら=18日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ